FC2ブログ

(2)~近代工法の欠点~

近代工法で造られる家の材料には、コンクリート、鉄、アルミ、ガラス、プラスチックといった無機質系の工業製品が多く使われています。

気密性が高く「エアコン」の普及により、一年中冷暖房に頼る生活スタイルが一般的になってきました。

冬の暖房では、温かい空気は部屋の上方に集まり、足下は冷え込みがち。さらに夏の冷房では、床面に冷たい空気が溜まって足腰を冷やします。

吸湿性、放湿性のない建築材料は、窓や壁面に結露現象を起こしやすく「カビ」「ダニ」を大量に発生させて、子供やお年寄りにアレルギー症状、アトピー症状を出す原因ともなっています。

呼吸器系の疾患のため、加湿器、除湿器の効果を期待しがちですが、かえって逆効果となっている現状です。

「近代工法の家」の欠点が、大切な健康面で指摘されてきています。
プロフィール

mr.woodman

Author:mr.woodman
桂利休

HP:西村製材所 MR.WOODMAN
MAIL:info@mr-woodman.co.jp

営業案内
●定休日 第2・第4土曜日
日曜、祝日
 事前にご予約いただければ土日でも担当の者がご相談に応じます。お気軽にお電話ください
0289-62-6278
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示